近鉄の観光特急「しまかぜ」に乗ってきました

近鉄の大阪難波駅から伊勢市駅まで
観光特急「しまかぜ」の旅に行って来ました。
私が乗ったのは6号車の展望車両(賢島方面)です。

私鉄の座席指定特急の中で乗り心地が抜群だと評判のしまかぜですが
実際に乗ってみたところ、想像以上の乗り心地でした。

座席に着いて最初に驚いたのは、なんと各席に腰に圧をかけてくれる
マッサージ機能が備わっていることでした。
試しに使用してみると、まるで温泉の後のマッサージチェアのような感覚で疲れを癒してくれました。
そしてトンネルなど暗いところに入っても、読書ができるように座席ごとにライトが装備されていること。
パソコンなどで作業をするためにしまかぜ無線LANが自由に利用できること。

最も驚いたのは、各車両にアテンダントが在籍していることです。
各座席にアテンダントを呼ぶボタンがあり、押すとものの数秒でかけつけてくれます。
この時、しまかぜについてのサービスなどで不明な点があったら質問したり
もし、体調が優れない時は相談したりできます。
ちなみに私は展望デッキで外の景色の動画を撮影したいと言いました(笑)
するとアテンダントは「ご案内いたします。」と言って、
なんと先頭座席の中央で最も前方の景色が綺麗に見える場所に案内してくれました。
そこで動画機材を設置して撮影しました。

ずっと撮影しているだけでは飽きてくるので、機材をその場に置いたまま
販売カウンターのある車両に移動しました。
なお、当然ですが不在時の機材の安全までは保証されないです(笑)

販売カウンターでは主にカステララスクや赤福餅といった
手軽に食べられるお土産は殆ど売り切れでした。
乗車後1時間くらいは経っていたからでしょうか。
残念そうな表情を浮かべていると、他にも買えなかった乗客がいて
その人が言うには乗車してすぐ乗客が集まり、10分程度で売り切れてしまったとのこと。
このようなお土産が目的の方は、乗車したらすぐに購入した方が良いです。
逆にオリジナルグッズはかなりの数が残っていますし
車内販売で座席にいてもカートを押して来られるので、慌てて購入する必要はないです。

販売カウンターを確認したところで、機材の無事を確認して自分の座席に戻りました。
ちょうど乗車から1時間半くらいが経過した頃に、しまかぜ乗車記念カードが配られました。
しまかぜの写真と乗車日のスタンプが押してあります。
ちなみにこの記念カードは配りに来た時に自分の座席に着いていないと貰い損ねてしまうとのことなので注意です。
目的の伊勢市駅に着いたところで機材を回収して、しまかぜから降りました。
降りたところで駅員に頼んで、しまかぜを背景に写真を撮ってもらいました。(笑)

今回は1人旅ということでグループ専用の和風・洋風個室は体験できなかったのですが
次に乗る時は、知り合いを誘って体験したいところです。
1回の乗車だけではしまかぜの楽しみを100%知ることはできません。
しかし、次に乗る時はここも行ってみたいとか、車内を色々探索したい気にさせてくれるので
何度も乗る価値は十分あると思います。

観光特急「しまかぜ」はただの移動手段ではなく
本当に旅を楽しませてくれる列車でした。