昨日の午後の出来事とまとめしてみました。

 昨日は、午前中は火曜日面接を受ける場所まで自転車どうにかいけないか為にしに行ってみました。結構距離はありましたがいけないことはないなと思いました。まあたかが面接くらいで一々、バス賃と電車賃を往復で掛けていられないので見に行ってみるとあっけらかんとするような建屋でした。エッ私ここで面接するのと思いながら少しグダグダに成りながら自転車で帰り道でした。ちょっと明日、面接を受ける場所に比べたらちょっとなあと思いながら帰りました。明日も面接なのですが明日の場所はそれこそ近いし、会社自体も大きいのです。業務内容も楽で昇給、賞与ありです。しかも時給も高いのです。どうしよう電車でバスを使わないで行ける方がいいし楽ですからね。それに電車賃を全てお小遣いできますからね。それに時給が高くて尚且つ作業が楽というのがいいですね。近所に何もなかったですし下見に行ったところは、明日行くところは帰りに熱帯魚屋さんがあるし、ゲーセンも寄れる最高な場所です。キャッシング 夜間

相手に伝わるプレゼンテーションの極意を教えます!

学生から社会人まで、プレゼンテーションをしたことがない人はいないでしょう。しかし、自分のプレゼンテーションがいまいち他人に伝わっている気がしないと思ったことはありませんか。この悩み、実は意外と多くの人が抱えている悩みなのです。このプレゼンテーションが他人に伝わらない原因の1つが、スライドに書いてあることや原稿を丸読みしていることにあります。スライドに書いてあることや原稿を丸読みするということは、「この人の話は聞かなくても、資料だけを見れば分かる」という気持ちを生みます。その結果、あなたのプレゼンテーションが注目されなくなってしまうのです。この問題を解決する方法はシンプルです。それは「原稿を持たずに、自分の言葉で語る」ということです。プレゼンテーションの内容を自分の頭に入れて、それを相手に伝わるように自分の言葉で吐き出していくことで、プレゼンテーションを聞いている人の注意を大いに引くことができます。不安かもしれませんが、原稿を捨てて自分の言葉で大いに語りかけることが、相手に伝わるプレゼンテーションを実現するコツなのです。キレイモ vioなし